ブログトップ

私が「私」であるために

timetokeep.exblog.jp

【11月】ボージョレヌーヴォー2014 after dinner tea time


b0244285_21591609.jpg

b0244285_21594667.jpg


[PR]
# by office-inji | 2014-11-22 22:14 | 食卓道(秋~冬)

【10月】十三夜のお月見(栗名月)


旧暦9月13日の十三夜のお月見はシノワズリーな雰囲気のテーブルコーディネートで。
b0244285_17570156.jpg





b0244285_20241662.jpg
日本の吹きガラス作家の第一人者、舩木舩木倭帆さん作の、貴重なワイングラスを譲っていただきました。
黄色とブルーの組み合わせは、もっとも好きな秋の定番カラー。




[PR]
# by office-inji | 2014-10-07 17:55 | 食卓道(秋~冬)

自家製,栗の渋皮煮とモンブラン

b0244285_2325064.jpg


b0244285_23253231.jpg

[PR]
# by office-inji | 2013-10-31 23:26 | 食卓道(秋~冬)

紅茶に合う、英国の焼き菓子

派手なデコレーションの多いフランス菓子に比べると、
英国は焼き菓子が中心のようで、
茶色の焼き菓子は一見地味に見えるけれど、
そんな素朴で、家庭的な温かみのある雰囲気が英国菓子の魅力なのかもしれない。


「ヴィクトリア・サンドイッチケーキ」
ヴィクトリア女王が好んだといわれ、イギリスで最も親しまれている、
ティールーム定番のケーキ。

伝統的には、サンドイッチティンとよばれる底浅の型を2枚使って焼き上げ、
ジャムとバタークリームをサンドするそうだが、
我が家では普通の型で焼いたものを2枚にスライスし、
生地とのバランスを考え、バタークリームはパス。

b0244285_17275926.jpg

簡素な見た目とは裏腹に、生地はバター:粉:砂糖:卵が同量ずつ配合される、
とってもリッチな味わいと食感のバター生地。
そしてその生地にサンドするのは、数日前このケーキのために作っておいた自家製の甘酸っぱいラズベリージャムを、フランス・アルザス地方で作られた、明るく楽しいリズム感ある香りがするオ・ドゥ・ヴィ キルシュでのばして、我が家流にアレンジした、ちょっとしたこだわりのあるもの。
b0244285_17281034.jpg

甘いお菓子が苦手な母がおいしい!!と言って喜んで食べてくれる、数少ないレシピのひとつで、
このケーキを作っている最中には、いつも母のあの笑顔を思い浮かべながら作る。
というか、そんな母の笑顔見たさに作るケーキなのかもしれない・・・



b0244285_17343150.jpg

b0244285_17314372.jpg

二品目は、スクエア型に焼いた、杏のクランブルケーキ。
こちらもやはりリッチなバター生地。
クランブルが杏の酸味と、火を通すと崩れやすいフルーツの食感を補ってくれる。
こちらにも生地や果肉の漬け込みにアルザス地方で作られたアプリコットリキュールを忍ばせてある。

b0244285_17315698.jpgb0244285_17321514.jpgb0244285_17323197.jpg
[PR]
# by office-inji | 2013-10-24 17:36 | 食卓道(秋~冬)

バナナとココナッツのタルト

b0244285_6495830.jpg

先日作ったシュクレ生地の残りは、あともう1個作れる分量。
冷凍しておけば、1ヶ月は保存が可能なはずだけれど、
どうも「冷凍不信」の、疑い深く心配性な私は、
結局3回続けて、タルトを作ることに。

バナナやココナッツ、そしてバニラエッセンスの、
上品に重なる3つの、ほんのり甘くやさしい香り。
そこに甘酸っぱい自家製アプリコットナパージュの酸味がアクセントとなって、
単調な味わいになることなく、楽しめた一品。

b0244285_6521913.jpg
シャキシャキしたココナッツファインの歯ざわりも新鮮。
食べる時は、温めて。
[PR]
# by office-inji | 2013-06-16 06:51 |   〃 (春~夏)

くるみのタルト

b0244285_4582154.jpg

いくつかのポイントを押さえて作ったアーモンドパウダー入りのシュクレ生地は、
風味があって、サクサク、そしてとっても口溶けのいい焼き上がり。
b0244285_4524784.jpg

ヌガーを絡めた胡桃がぎっしり。
ちょうどいい硬さのヌガー、そしてカリカリ胡桃の食感。
もう、手に持って頬張れば、カロリーの事情はさておき・・・
しばし甘く幸せなデザートタイム

b0244285_4565086.jpg
[PR]
# by office-inji | 2013-06-06 05:02 | 食卓道(秋~冬)

村上春樹 「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

「私には心というものがとても不完全なもののように思えるんだけれど」

「僕もそう思うね。とても不完全なものだ。
でもそれは跡を残すんだ。
そしてその跡を我々はもう一度辿ることができるんだ

雪の上についた足跡を辿るようにね。」

「それはどこかに行きつくの?」

僕自身にね
心というのはそういうものなんだ。心がなければどこにも辿りつけない

- 村上春樹 「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
[PR]
# by office-inji | 2013-04-20 08:56 | 【生】私が「私」であるために

村上春樹 「羊をめぐる冒険」

我々は偶然の大地をあてもなく彷徨っているということもできる。
ちょうどある種の植物の羽根のついた種子が
気紛れな春の風に運ばれるのと同じように。

- 村上春樹 「羊をめぐる冒険」



인생 인생이란 그런 것이다.
식물의 종자가 변덕스러운 바람의 손길에
아무도 모르는 곳으로 운반되듯이
우리 또한 우연의 대지를 정처없이 방황한다.

- 무라카미 하루키
[PR]
# by office-inji | 2013-04-20 08:38 | 【生】私が「私」であるために

「おやつ」なお菓子:コーンブレッド

b0244285_4255289.png

アメリカで愛され続けている家庭の味、コーンブレッド。
ほのかな、とうもろこしの香りと甘み、そして独特のつぶつぶの食感。
形も味も香りも、とっても素朴で温かく、あとをひく大好きなおやつ。

トッピングなし、ホットミルクとのシンプルな組み合わせがいちばん!
[PR]
# by office-inji | 2013-02-14 22:55 |   〃 (春~夏)

おうちに帰ってごはんにしよう!

初春の2月に入り、立春を迎えた。
暦にふさわしい天気が続き、なんだかほっとしていたら、
今日は時雨とともにうんと気温が下がり、寒さ逆戻り。

なんだか今日はむしょうに煮込み系の洋食が食べたくなり、
メニューを急きょ変更して夕食は煮込みハンバーグ。

その日の体調や気持ちに素直になって、
当日のメニューを考えたり、料理することもまた私にとっては楽しくわくわくする日課で、
冬と春のはざかい期の2月はおそらくそんな日が多くなるだろうな・・・

b0244285_17561918.jpg

濃厚でクリーミーなマッシュポテト&赤ワイン入り煮込みハンバーグ



b0244285_17564853.jpgシンプルなプティフールは高級「天使のほっぺ」をのせれば立派なデザートに!
[PR]
# by office-inji | 2013-02-05 17:58 |   〃 (春~夏)